FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲムマ戦利品感想その1

ゲムマ戦利品感想その1
楽しかった点や気になった点など感想書いていきます。

目次
・Brikks
・アキハバラーメン
・Flick’em Up! DEAD OF WINTER
・ライジングサン
・ディスカバー
・トリックと怪人


【 Brikks】
IMG_20181125_121603.jpg


テト○スを紙とペンで遊ぶボドゲ。
ガンシュンクレバー作った作者なのもあって興味湧いて買ってみた枠。
テ○リスのルールをしっていれば7~8割インストが終了する手軽さと、終盤になるにつれて加速度的に悩ましくなるのがかなり楽しかった!
色ダイスと数字ダイスで今回落ちてくるブロックが決まり、それを回転させるにはエネルギーポイントが必要で、エネルギーポイントを得るには上手に配置していかなければいけない。
それと同時に点数を取るためには横列をたくさん完成させていくことが必要で、ルール分かりやすく悩ましくプレイ時間も手頃な良作だと思った。
テトリ○やパズルが好きな人にもちろんおすすめ。


【アキハバラーメン】
IMG_20181125_212941.jpg
IMG_20181125_213018.jpg

ラーメン屋店主となって斬新なラーメンを作って勝利点を得ようというボドゲ。
プレイ時の妙な盛り上がりと展開から奇ゲーであると評価したい。
ラーメンはベースカードという土台にトッピングカードを組み合わせることで完成し、完成すると常連客タイル(色んな効果持ってる)が来てくれる。
手番ではこれらのカードを盤面から獲得して自分の前に配置することだけなので分かりやすい。
アートワークが綺麗でおいしそう(やばそうなのも多々)なので見目楽しいし、できたラーメンの内容で話が盛り上がる。
ただし非常に色々言いたいことはあって、ルルブの読みにくさやデザインによるアイコンの見づらさ、膨大なカードによるスタートプレイヤーへの負担、ブームカードの処理のバランスなど荒いところが多いと思うけれど、プレイしながら笑えてネタ一発ではない戦略性もあってなんだかすごく楽しかったので不思議な満足感があった。
人に手放しで薦められないけれど、一言でまとめるとすごい好みなボドゲだったので棚に残っていくと思う。
そういう意味では今回ゲムマで買った中で一番衝撃を受けたかもしれない。
少なくとも長々熱く語ってしまうだけのエネルギーがあるボドゲである。これを読んで気になった人はぜひ一緒に遊びましょう(º﹃º)


【Flick’em Up! DEAD OF WINTER】
↓(取り忘れたので元々のふりっけんあっぷ)
IMG_20181109_213639.jpg

名前どおりおはじきするのがメインのボドゲ。
ゾンビと戦いながら生存を目指すデッドオブウィンターとFlick’em Up!のコラボ作品。
協力ゲームなのでわいわいゾンビをおはじき的に銃弾を放ち倒していくのが単純に盛り上がる。
誰かが見事なプレイすると自然に「すごい!」と称賛が起こる優しい世界になりがちなので心の癒やし。
ルールも小学生でもすぐできそうな簡単さなので、あまりガチガチにやらずゆるく楽しむのがきっと楽しいと思った。
欠点をあげるとすればセットアップが大変なのと広いテーブルが必要になるところ。
早く別シナリオも遊んでみたい!


――――――――――――――――
遊ばせてもらった戦利品感想↓

【ライジングサン】
IMG_20181125_151759.jpg

フィギュアたくさんの重ゲー枠。
プエルトリコタイプのアクション選択をしながら交渉したり同盟組んだり裏切ったりをしつつ、ボードに自分のコマを出してエリアマジョリティーを競うボドゲ。
フィギュアが豪華!特殊カードの購入がわくわくするし、ゲーム通して会話が絶えないところがとてもいいところだと思った。裏切り要素も全くギスギスするものではないし、同盟するのは基本得なので可能であれば4人以上で遊ぶのがいいかも。個人的に切腹して自分のコマを自害させることで点数が入るシステムが好き。
反面やはり交渉・殴り合いタイプのゲームは特に人を選ぶので、好きな人を集めて遊ぶのが推奨される。積極的に交渉できるメンバーならわいわい楽しめそう。
私もあやかしメック(でかいフィギュアのやつら)買えばよかった……(物欲しそうな目

【ディスカバー】
IMG_20181125_193539.jpg

マップ上を冒険しながらサバイバルしつつ勝利条件を探るボドゲ。
勝利は個人個人で目指すが敵というわけではなく、ゆるく協力しながら未知のマップを冒険していく。
巷で言われている箱ごとに内容物が違う点はそこまで重要ではないけれど、他の箱買った人との会話が楽しいかもしれない。
基本的には色んなマスに移動してイベントを起こしつつ全体目標をこなす。その間にも食料などを集めたり、資源で道具を制作したり、野生動物やモンスターと戦ったりをアクションポイント制で行っていく。
どこかTRPGのセッションしているような雰囲気に近い印象があった。ゲームに勝利することを目指しつつではあるけれど道中協力しながら会話で盛り上がっていた部分が特に楽しかったなぁと思う。
気になる部分としては戦闘のメリットの少なさ&ざっくりダイス解決なところ。楽しめるかどうかは遊ぶメンバーに大きく依ると思う。エルドリッチホラーとか楽しめる人種はきっとだいじょうぶ。
なお今回のプレイ時私は非業の死を遂げて1人だけ勝利条件満たせなかったけどすごく楽しんだ自信がある……!

【トリックと怪人】
IMG_20181125_221956.jpg

トリックテイキング+推理ゲームなシンプル軽ゲー枠。
10枚のカード(1~10の数字に赤青黄のいずれかの色がついている)山札から2枚配られて、1枚を裏向きで出し、その上にカードと同じ色のトークンを乗せる。その後犯人だと思うカードに自分の虫眼鏡トークンを置く。
場で出したカードの中で一番大きい数字のものが犯人となるが、カードに特殊効果があったり何の色にもなる怪人カードがあったりして場をかき乱していく。
綺麗にまとまって無駄のないシンプルなルールの中、しっかりとした推理やブラフを楽しめる点が非常に楽しいと感じた。一番に楽しいポイントは他人がどういう意図でその行動をしたのかを考えるところだと思う。
そういったボドゲが好きな人におすすめ。
手元にほしい。ほしい。

最近(?)遊んで楽しかったボドゲ

【ワールドチャンピオンシップ・ロシアンルーレット】
DnL30veU8AEcmpe.jpg
現時点自分の中で一番面白かったブラフゲーム。
7枚のカードから1枚抜いて山札を作り、残った6枚を銃の弾倉に見立て、自分が宣言した数だけ一斉にカードをめくっていく。
7枚の内訳は
・弾丸カード1枚(引いたら死亡)
・クリックカード6枚(引いても何も起こらない)
なので、弾丸を抜く不正ができるけれど見抜かれたらペナルティー。
これに凶悪な効果を持つアクションカードが入ってかなりわいわいできるパーティーゲームになっているので推している。
アクションカードで他プレイヤーに銃を向けて引き金を引こう!(



【メキシカ】
DlXwy8_UUAAIBUS.jpg
島を川で区切って、自分の神殿を立てて陣取りをしていくゲーム。
最近欲しい筆頭のゲームになった……!
他プレイヤーの行動ががっつり自分に影響してくる上に、前半と後半では考えどころが変わるため何度も遊べそうな楽しさがある。
運要素低めでもどこかワイワイできるポテンシャルがある良いゲームだと思う。
欲しい(二回目)



【ワイナリーの四季:拡張トスカーナ】
Dj15fdkVAAUClFD.jpg
正直なところ基本だけだと好みとは言えない感じだったけれど、拡張が入ったことでむしろ好きだなぁと評価が大きく変わった。
施設カードが出たことと☆マジョリティーによって、相対的により戦略的な行動ができるようになったことが大きいかもしれない。
またやりたい(º﹃º)
画像は初めての6人プレイのもので、訪問者カードの効果に変動があってまた面白いものだった。



【コインブラ】

DmA0g1dUUAEoq3V.jpg
最近話題になってたやつ。
簡単に言えばダイスを選んでカードを買うゲームだけれど、ダイスを選ぶと色んなことが一気に決まるのが面白い。
少ない手番数の中拡大再生産感をしっかり味わえるので思いの外気に入った。
3人プレイだとダイスタイルによって他プレイヤーの行動を読む基準点が増えてより楽しかったので、個人的には3人プレイくらいのほうが好き。






オルレアンはいいぞ (オルレアン&拡張紹介記事)

オルレアンというボドゲをよく遊ぶのですが、妙な中毒性があるのでおすすめしたい!
ということで今回の記事ではオルレアンのどういう所がおもしろいのかを書いていきます(º﹃º)

【オルレアンとは】
1.jpg

フランスのオルレアン地方の有力者となって、農産物の生産や商業取引・街の発展への寄与などを行って、勝利点を稼ぐことが目的のゲームです。
個人ボードと従者と呼ばれる労働者のようなトークンが配られていて、それらを使って色んなアクションをしていきます。
各自に袋が配られていて、従者トークンはそこに入れておきます。
以下画像でざっくりやること説明↓
オルレアン紹介らふ
メインボードには7つのトラックと地図があります。
トラックは自分のキューブを先に進めることで即時ボーナスや能力が強化されたり点数を上げたりなど様々な良いことがあります。
地図上では商人駒を1人1つ持っていて、それを移動させることで商品を集めたり取引所を建てることで点数を伸ばすことができます。
2.jpg
3_201808201740050f1.jpg

細かいルールや要素はまだまだあるのですが、ざっくりこんな雰囲気です!
実際遊んでみるとやることは非常にシンプルで重ゲー初心者にもおすすめできる内容です。
袋の引きに一喜一憂しながら、オルレアン地方を旅しつつ商品を集めていき、効率良く点数を取る方法を模索する楽しさは繰り返し遊べるポテンシャルを持っています。
また、ゲームの処理の大部分をプレイヤー一斉に処理するため、ダウンタイムが発生しづらくスムーズに遊べるのも魅力です。
気になった方はぜひ遊んでみてくださいヽ(=´▽`=)ノ

追記に続きます!

続きを読む

Key Flowが楽しみ


キーフラワーのカードゲーム版であるKey Flowの英語ルールがBGGにアップされていた!ので概要だけてきとう和訳してみました(º﹃º)
どうやら春夏秋冬の4ラウンド、毎ラウンド開始時に配られたカードをドラフトして自分の村に建物を建てたり、自分/他人の建物をキープルカードで使用したりと元のキーフラワーの雰囲気と近そうです。
最初に冬カードが数枚配られて、内一枚は確実に使用できるみたいなので本家より計画しやすい部分もあるのかなと感じます( ゚∀゚)o彡゜
農夫拡張から導入された家畜要素も最初からあるようで、集めた数に応じた点数が入る冬カードなんかもありました。

ともかくキーフラワー大好き勢なので早くあそびたい!
以下概要和訳。(間違ってたら許して……!)
≪-------------------------------------≫
【ゲーム概要】
Key Flowは春夏秋冬の4つの季節を通して遊ばれます。
ゲームの開始時、プレイヤーの村にあるのはホームカード(Home card)だけです。
各プレイヤーにはいくつかの冬カード(冬まで持っておく)と手札の春カードが配られます。
プレイヤーは春カードから1枚選び、残りのカードを左隣のプレイヤーに渡します。このプロセスをすべての春カードが選ばれるまで繰り返します。

カードには主に村カードとキープルカードの2つの種類があります。

●村カード(Village cards)
村カードには道か川が描かれています。
もし道が描かれていたなら、プレイヤーのホームカードと並んだ最上列に置かれます。
もし川が描かれていたなら、下の列に置かれます。(カードの幅の半分だけずれる)

●キープルカード(Keyple cards)
キープルカードは資源やアクションを生み出すために、自分か他プレイヤーが所持している村カード最上列の上にプレイされます。(下記図参照)
カード最上列の建物は金、鉄、石、木、技術タイル、キープルトークン、輸送力、建物改良の機会を生み出すでしょう。

下段の村カードはキープルで使うことはできませんが、資源や技術タイル、動物をもたらします。

プレイヤーはさらに夏と秋にもカードの配布と選択を行います。
夏のカードの中には、所有者に特殊な能力を与えるボートカードも含まれています。
秋のカードの中には、カード上に資源を輸送することが必要な貯蔵建物カードも含まれています。

秋の終了時、各プレイヤーはゲーム開始時に配られた冬カードから1枚選んでプレイします。
残りのカードは冬に配られ選ばれるカードに含まれます。
全ての冬の村カードは異なった方法の得点計算の機会をもたらします。

ゲームを通じてプレイヤーは、より多くの生産力や追加の得点を得られる建物の改良するために商品を輸送するでしょう。
獲得したキープルトークンは、キープルカードに示された数のキープルを追加するためか、季節の終了時に追加のターンを生み出すためにか使用されます。

Key Flowにおける全ての得点計算は冬の終了時に行われます。
点数は集めた金や改良した建物など、様々な方法で村カードから獲得されます。
最も点数を獲得したプレイヤーが勝者となります。
WS000008.jpg

≪-------------------------------------≫



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。